お疲れ肌にいいマッサージ法とは

人が疲れたと思う瞬間は様々ですが、肌が疲れた時は、化粧水をつけた後、乳液を塗るついでにプチマッサージをすると良いらしいのです。乳液でマッサージをしますので、そのマッサージ方法を紹介いたします。

まず、適量より少し多めの乳液を出し、手や乳液をあたためるように伸ばします。肌をこすらないように、顔全体にたっぷり乳液を伸ばしてから、上へ上へすべらせます。肌表面を優しく撫でるようなイメージでゆっくり丁寧にします。目の周りは上瞼の内から外へ目を囲むように優しくします。鼻では、鼻の付け根から小鼻へ小さくらせんを描くようにし、口では、口角を持ち上げるようにクルンと引き上げます。引き上げる時、小さく円を描きながら引き上げるといいそうですよ。顎では、らせんを描きながら顎先から耳の下へ引き上げます。口角、小鼻の脇からも同じようにくるくると小さく円を描きながらリズミカルにします。最後に、手のひら全体で頬を引き上げ、整えます。

その行為をすることで、肌がいつもよりあたたまり、もちもちしますので、化粧をしながら実践してみてはいかがですか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top